2011年3月25日金曜日

あの日から2週間

あの日から2週間。
あの晩は、事務所に泊まることに決めて、夜になってやっとテレビを観て、起こったことを知って、胸がつぶれるような思いで朝を迎えた。ものすごく昔のことのような、ついこの間のことのような、あっという間の14日。

DEARのスタッフは幸いにも全員無事だったけれど、まだまだ環境や気持ちは不安定で、やっと仕事が普段のペースに戻って来たような気がする。
そして、今できることや、この先のことをちゃんと考える心の準備ができたように思う。
そのひとつのステップとして、被災地で活動する仲間を応援するプログラムを開始したり、チャリティ・ワークショップを企画したりしている。
(→ブログ「東北関東大震災関連ブログ」)

地震のとき、わたしは電話で教材の相談にのっていた。
電話口であれこれお話している間に揺れがきて、「あれ?ちょっと長くて大きいかも‥」と思っているうちにすごい揺れに。電話口の方の場所も揺れているようで、「これは‥、電話切りましょう!」と言ってそれっきりになっていた。

市の名前まで聞いていたところで、その場所は東京よりも大きな被害が出ている場所だったから、とても心配に思っていた。

そして、今日。2週間ぶりにその方から電話が来た。
4月2日のチャリティ・ワークショップに参加してくれるというご連絡だった。

わたしはこうやって一人ひとりの安否を確認できて、ホッとしているけれど、それが叶わなかった人や叶わないであろう人がたくさんいる。
今はかける言葉も見つからないけれど、個人で、DEARとして、やれることをやっていこうと思う。
(八木)

0 件のコメント:

コメントを投稿