隣国からの震災救援お問い合わせ

こんにちは。
連続投稿で失礼します、大久保です。
通勤路線がかろうじて運行していたため、
今日はDEAR事務所におります。

ささやかながら節電を、ということで、
基本的な電力消費は業務PCに絞ってます。
そろそろ暗く&寒くなってきたので引き上げたいところ。。。

昨日は結局、手持ち無沙汰になってしまったので、
自宅でも出来そうな仕事の整理を、コソコソしておりました。

そんな中入った、一本の電話。

何と、韓国のNGOから。
お相手は、以前、DEARの活動に興味を持たれ、
事務所までいらしたこともある方でした。

今回、東日本大震災のことを知り、支援先を探しておられ、
たまたまコンタクトをとったことのある
DEARにお問い合わせ下さったようです。


義援金以外にも、
団体と提携する企業が、万単位の救援キットを用意しているとのこと、
「物資の配送は、現状難しいだろう」とは伝えましたが、
国を超えた支援の動きがあることを知り、
とても頼もしく感じました。

被災地に拠点を置くDEAR団体会員の方々も、
徐々に救援活動を始められています。

今後も大きな余震等が予想されているので、
くれぐれも細心の注意を払っていただきたいですが、
救援にあたり、具体的に何が必要なのか、
現地でなければ把握できない情報もきっとあると思います。

ぜひ、DEARの全国ネットワークをご活用下さいね。

(大久保)

コメント

人気の投稿