スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

メディアリテラシーのワークショップ@川崎市立橘高校

みなさんこんにちは、DEARスタッフの小口です。

去る3月1日、DEAR評議員の近藤さんと私で川崎市立橘高校メディアリテラシーに関するワークショップを実施してきました。参加してくれたのは、卒業式を間近に控えた高校3年生約40名です。


まずはアイスブレイクとして「部屋の四隅」を実施しました。
1つ目のお題は「私の主な情報源は新聞/テレビ/SNS(Twitterなど)/その他」というお題です。
分かれてみると、想像以上にSNSを情報源としている生徒が多い結果に。また、その他ではyoutube等と答えている子もいました。

2つ目のお題は「メディアは真実のみ報道するべきだと思う/まあそう思う/あまりそう思わない/思わない」。これは、「まあそう思う」、「あまりそう思わない」という選択肢を選んでいた生徒が多かったと思います。
この問いを投げかける中で、生徒からは
メディアが真実でないことを報道すると混乱してしまうのでは。真実とは何か。真実=結果ではないのであれば、その結果にたどり着くまでの過程や今後の可能性も真実と言えるのではないか。ショッキングな事実を全て伝えるのが良いとは思わないから、すべて真実を伝えるのが必ずしも良いとはいえなのではないか。真実だけではなく、著名人の推測や意見も知りたいからそういったことも報道したほうが良いのではないか。 など、様々な角度からの意見が飛び交いました。

続いて、一つ目のワーク「紙面比較」をしました。
2月10日(土)の朝刊6紙(朝日新聞・産経新聞・東京新聞・毎日新聞・日本経済新聞・読売新聞)の「日韓首脳会談」に関する記事を1グループ2紙ずつ配り、まずは「事実」と「意見」に記事の内容を分類しました。

最初は「事実」が多い、と思っていた生徒たち。しかしワークを進めていくうちに、「『強調した』や『値する』という文言が語尾についているのは事実ではなく編集者の意見なのでは?」と、意外にも紙面には「意見」が多いことに気付き始めます。

また、紙面に写真が掲載されている新聞とされていない新聞があったり、見出しに「解決」とある新聞もあれば「平行線」とある新聞もあったりと、新聞によって「事実の切り取られ方」が大きく違うことや編集者の意図が違うことに気付きました。


その後二つ目のワーク「紙面作り」をしました。
2月10日(土)のニュース11個の中から、1面に持っ…

最新の投稿

「実践の現場、NGOの強みや弱みを目の当たりにできた」ボランティアを終えて

「一番の収穫は人との出会い」事務局ボランティアを終えて

叫びなんてあげられない。だから囁いている。でも、人々の声は確実に、ある。

Girls Unlimited Program 第6回 「Find Your Voice(声をあげよう)」

大切な憲法のはなし・バリマタ王国の国民投票!-フリースペース「えん」2017年度第5回

視覚特別支援学校の高校生とチョコレートづくり!

Girls Unlimited Program 第5回「Choose your path(自分の道を見つけ歩むこと)」

5回連続講座「本当の“ゆたかさ”“しあわせ”ってなんだろう?」